ヨールキ・パールキ

軍隊式性欲管理 第4話 上官に薬を盛られた大尉は数人がかりで… 無料 試し読み

上層部が任務地に訪問することがる。

 

そんな時は性欲管理部にも顔を出し、

まとめて複数人の性欲処理をすることがある。

 

今日の会食はそんな日だった。

無料試し読みは↓ここをクリック!

軍隊式性欲管理 第4話 上官に薬を盛られた大尉は数人がかりで… ネタバレ

性欲管理部が発足して

兵士の士気も上がって

いいこと尽くしだ。

 

君の負担は大丈夫かね?

 

体調は補佐官が気を

使ってくれているので大丈夫です。

 

そうかね。

この後のことだが、

大人数では君への負担も大きいと思ってね。

 

リラックスさせるために

少し盛らせてもらったよ。

 

媚薬を盛られた大尉は、

すでにとろんとした表情を浮かべている。

 

そのまま、性欲管理業務に入るが相手は複数人。

大尉も口や手を使って大忙しだ。

 

でも、そこは性欲管理部のエリート。

しっかり個々の性癖を把握しており、

相手の精子を一滴残らず絞り取ろうと懸命に奉仕する。

 

今日は思う存分私の身体に精子をぶちまけてください。

 

すでに大尉の身体は精子まみれになっている。

我慢できずに暴発してしまっている上官が多いのだ。

 

んぁ!

この匂いだけで子宮が疼いてしまいます。

 

もっと!

もっとください!!

 

普段は大尉から責めるのだが、

この人数になると、やはり手が足りないのか

大尉が責められていることが多い。

 

あんまり乳首を刺激されては、

満足のいく奉仕ができなくなってしまいます。

 

その追い詰められた表情がいいんだよ。

私たちを興奮させてくれるいい表情だ。

 

しゅごぃ

きもちいぃい

おっぱい・・・こんなにぃいい!

 

私・・・管理部に配属になって

おっぱいとクリトリスばかり敏感になって

ああ!

待ってください!

そんなにしたらっ!!

 

ぷしゅーー!

 

んんぁああ!!

でちゃっ

でちゃったぁぁああ!!

 

大尉は大勢に責められ続け、

潮を吹いてイってしまった。

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

軍隊式性欲管理 第4話 上官に薬を盛られた大尉は数人がかりで… 感想

今回の話は乱交でしたね。

屈強な兵士たちを複数人相手にするとか、

ダリア大尉も大変ですよね。

 

まぁ当の本人は全然大変と思ってなさそうですが。

だって凄い嬉しそうな顔してましたもん。

 

あれは完全に楽しんでる顔です。

ダリア大尉の身体を色々なところから

手が伸びてきて刺激を与えていく。

 

それを全て受け入れて、しかも相手のことも気持ちよくする。

そんな奉仕精神が素晴らしいです。

 

ダリア大尉はマジでエロいし

こんな完璧な女の子が周りに欲しいですね。

無料試し読みは↓ここをクリック!