桂あいり

【カラミざかり】 第2話 あんまじろじろ見ないでよ、恥ずかしいじゃん 無料 試し読み

貴史が買ったオナホを

見に来ると言い出した

新山と飯田。

 

男女が揃ってそんなものを

見てしまったら、

後はお決まりのコースしかなかった・・・

無料試し読みは↓ここをクリック!

【カラミざかり】 第2話 あんまじろじろ見ないでよ、恥ずかしいじゃん ネタバレ

良いもの買ったぞ。

貴史が俺に話しかけてくる。

 

何をだよ?

 

オナホ

 

そんな会話をまた、新山と飯田に聞かれていた。

これで益々俺の評価はだだ下がりだ・・・

 

貴史の頭の中はエッチなことでいっぱいみたいだ。

 

プールの授業中も、

誰のおっぱいが大きいとか、

誰のスタイルが好きだとか、

クラスのみんなも興味津々だ。

 

そんな1日を過ごし、

放課後、貴史の家にオナホを見に行くことになった。

 

その帰りを待ち伏せしてたかのように、

新山と飯田がやっぱり貴史の家にくるようだ。

 

どれだけ見たいんだよ。

 

貴史の家に行ってみると、

親が不在で俺ら4人だけしか家にいない。

 

みんな少し緊張してるみたいに思える。

 

部屋に入るとすぐに新山が部屋を物色し始めた。

エロ本はどこにあんの?

 

バカ!

漁るんじゃねぇ!

 

なら早く出しなよ。

オ・ナ・ホ。

 

本気か?

うん。

 

でも、おかずがないとなぁ。

 

なら、これでいい?

 

そういって、新山はスカートを捲り上げ、

パンツを貴史の顔の前に見せつけた。

 

それをみて、

覚悟を決めた貴史は、

机の引き出しからオナホを取り出し、

ズボンのベルトを緩めた。

 

そして、すでに固く大きくなったおちんちんを

取り出し、オナホをそれにあてがった。

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

【カラミざかり】 第2話 あんまじろじろ見ないでよ、恥ずかしいじゃん 感想

いいですよね。

こういうのも青春っていうんですかね。

 

高校生なんてエッチなことに興味津々な時じゃないですか。

 

それを、友達の家に集まり、

男女4人で誰が本当に実行するか、

探り探りなところもいいですね。

 

キュンキュンポイントです。

 

それにしても、

新山は女の子なのに積極的で、

いい性格してますよね。

 

こんな子はモテると思うんですよ。

 

僕は飯田より新山派です。

普通に可愛いんですよ。

 

飯田よりおっぱいは小さいかもしれませんが、

若い子は元気がいいにこしたことありません。

 

こんな子になら、

オナホでもオナニーでもいくらでも見せちゃいます。

 

貴史は役得ですよね。

同じクラスの可愛い子に目の前でパンツ見せてもらえるなんて・・・

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!