桂あいり

【カラミざかり】 第3話 へへ、きれーにしてやったぞ 無料 試し読み

ただの悪ふざけだと思っていたのに・・・

 

本格的に始まってしまった、

オナホでの手コキ。

 

新山は貴史の硬くいきり立ったチンコを、

貴史は新山のぎこちない手つきを。

無料試し読みは↓ここをクリック!

【カラミざかり】 第3話 へへ、きれーにしてやったぞ ネタバレ

しょうがないなー

 

そういって、パンツだけじゃなくて、

オマンコまで貴史に見せつけた。新山。

 

それをみて貴史は急いでベルトを緩め、

すでに硬くいきり立ったチンコを外に放り出した。

 

初めて見る勃起したチンコに新山は

頬を赤く染めて高揚していた。

 

どうやって使うの?

その問いに、貴史はローションを取り出した。

 

そのローションをオナホに注ぎ込み、

貴史のチンコにオナホをあてがった。

 

ぐちゅぐちゅいわせながら、

新山は貴史のチンコにオナホを上下させる。

 

もうちょい強くにぎって。

 

そういうと新山は力を加え

リズムよく上下にオナホを動かす。

 

てかお前の見えねーよ。

・・・胸触っていい?

 

・・・うん

 

そう答えた新山のおっぱいを

貴史は鷲掴みにし、

お互いの気持ちいいところを触り合った。

 

しばらく無言のままこの何とも言えない感覚を味わっていたが、

貴史の手が、新山の乳首に当たった時。

 

あん

 

と新山が喘いだ。

 

その声に貴史は興奮し、

新山のおっぱいを直接揉むために、

ボタンを外し、生のおっぱいを揉みしだいた。

 

新山も涙目になりながら、

気持ちいいのを我慢してオナホを擦り続けた。

 

そんなことをしていると、

貴史は絶頂を迎え、オナホの中に射精した。

 

その後きれいにしようとティッシュを取ろうとしたら、

新山がそのチンコを口で咥え始めた。

 

精子まみれになったチンコを

口でしごいていき、綺麗にした。

 

満面の笑みで

へへ、きれーにしてやったぞ。

 

それをみた貴史は

新山に飛びかかり、ベットに押し倒した。

 

2人は舌を絡め合い、

お互いの舌を貪り合った。

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

【カラミざかり】 第3話 へへ、きれーにしてやったぞ 感想

エッロ!

新山がエロ過ぎるんですけど!

 

きれーにしてやったぞ。

 

このセリフとあの表情。

貴史じゃないけど、

僕も画面に飛びつきそうになっちゃいました。笑

 

飯田のエッチなシーンはまだありませんが、

僕はやっぱり、飯田派ですね。

 

普段は強気で元気な子が、

エッチなことで恥ずかしがってるけど、

時折見せる素の表情がたまんないです。

 

しかも、おっぱいも意外とおっきかったです。

これもポイントアップですよね。

無料試し読みは↓ここをクリック!