桂井よしあき

【若くていやらしい教え子を好き放題にして家庭訪問中にも】 第四話 無料 試し読み

陰キャ美少女は、担任にヤられてもイキまくる

第四話の感想を書いていきます。

 

前回の話ではまだまだ硬さが

取れなかった吉沢ですが、

今回は違いますよ。

 

思いっきりイっちゃいます。

こんなにはっきり女の反応を見せるなんて

本当に高校生かって感じでした。

無料試し読みは↓ここをクリック!

【若くていやらしい教え子を好き放題にして家庭訪問中にも】 第四話 ネタバレ

外に声が漏れそうな吉沢。

その卑猥な声を誰にも聞こえないように、

先生は自分のズボンで吉沢の顔を隠し、

喘ぎ声が漏れないようにしている。

 

声の音量が下がったところで、

先生はまだ少女の吉沢のオマンコに

成人しきった大きいチンポで

力いっぱい突きまくる。

 

その勢いは、部屋の外まで漏れそうなくらい

パンパンと響き渡っている。

 

吉沢もズボンで声を抑えているが

低く、くぐもった声が永遠と聞こえてくる。

 

後ろから永遠と突きまくった先生は最高潮を迎える。

躊躇なく中出しだ。

 

吉沢からズルンとチンポが抜けると

大量の精子がこぼれ落ちる。

 

それには全然気づいていないようで

身体を痙攣させて余韻に浸る吉沢。

 

冷静さを取り戻した先生は、

ヤバいと我に帰り、

突き出したままのオマンコに指を入れ

中に溜まっている精子を掻き出す。

 

何度も何度も掻き出すと

吉沢の口から喘ぎ声が漏れ出す。

 

この子はどれだけエロい素質を持ってるんだ・・・

 

先生は精子を掻き出すだけのつもりだったのに、

大きな声を出してイってしまった。

 

そんな吉沢をみて

先生のチンポはまた力強く天井を見上げる。

 

イったばかりの吉沢のオマンコに

いきり立ったチンポをねじ込む先生。

 

入れた瞬間、ぐったりしていた吉沢は息を吹き返す。

これが欲しかったといわんばかりの喘ぎ方だ。

 

さっきいったばかりの先生も

我を忘れて腰を振り出す。

 

それくらい抱き心地がいい身体なのだ。

 

その光景を忘れまいと、

先生はスマホで撮影を始めた。

 

吉沢は感じることで精一杯で

撮影されていることに気づいていない。

 

これでこの子をいいなりにできる。

先生の頭の中は

吉沢をずっと自分のセックス相手に

することしか考えていなかった。

 

この若くていやらしい身体の

女子高生を自分の言いなりにできる。

 

そんな喜びでいっぱいだった・・・

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

【若くていやらしい教え子を好き放題にして家庭訪問中にも】 第四話 感想

この先生が狂っているのか、

それとも吉沢の身体がエロ過ぎるのか・・・

 

どっちにしろ

ヤバいほどこの子はいい身体してますね。

 

それに、ホントに高校生かっていうくらい

エロい反応をするんですよ。

 

こんな反応が隣の家から聞こえてきたら

それだけで抜けますよ。

 

マジで興奮物です。

 

今回の話の最後には、

家庭訪問をしているシーンがあるんですが

それは次回のお楽しみですね。

無料試し読みは↓ここをクリック!