多摩豪

【椿ヶ丘団地の管理人 リストラされたシングルマザーの私は…】 第一話 無料 試し読み

はぁ~

今月の生活費どうしよう・・・

 

先日まで会社員として働いていたが、

契約の延長ができなかった。

 

30歳を超えた子持ちのシングルマザーを雇ってくれるところなんてなかなか見つからない。

無料試し読みは↓ここをクリック!

>>『団地の管理人』で検索<<

【椿ヶ丘団地の管理人 リストラされたシングルマザーの私は…】 第一話 ネタバレ

娘はまだ幼稚園なので、

まだまだ手間がかかる年頃なので、

仕事も時間を限定されてしまう。

 

何かいい就職先はないかしら・・・

 

そんな時、管理人さんが家を訪ねてきた。

 

ごめんなさい。

今月の家賃をまだ待ってもらえませんか?

 

大丈夫よ。

今日はそのことで伺ったんじゃないの。

 

そういって、自分が訪ねてきた要件を話す管理人さん。

 

お仕事のことで困ってるんでしょ?

よかったら、ここの管理人やってみない?

 

でも・・・仕事をしないと・・・

 

ここの管理人ってお給料出るのよ。

しかも、特権として家賃も無料。

いい条件じゃない?

 

そうなんですか!?

 

だから一度考えてみてちょうだい。

 

要件を言って帰っていく管理人さん。

 

確かに今の私には、この条件はありがたいわ。

でも、管理人業なんて私にも勤まるかしら・・・

 

一晩考えて私は1日体験として、

管理人さんと一緒に管理人業を体験してみることにした。

 

作業自体は管理人さんが言うように

簡単なものが多かった。

 

敷地内の掃除に始まり、

花壇の水やり、蛍光灯が切れてないか確認。

 

そんな単純なものばかりで、

後は事務作業もあるみたいだが、

これも簡単だという。

 

これなら私でもできるかも・・・

 

一通りの業務を教わっていると、

ここの団地に住んでいる1人の男性が

管理人さんに用事があるのか、

チケットを渡している。

 

チケットですね。

では、裏庭の方に行きましょうか。

 

私にはちょっと用事をしてくるといって

裏庭に男の人と一緒に行ってしまった。

 

私はそのまま掃除を続けていたが、

帰ってくるのが遅いので少し様子を見に行くことにした。

 

そこで見た光景は・・・

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

>>『団地の管理人』で検索<<

【椿ヶ丘団地の管理人 リストラされたシングルマザーの私は…】 第一話 感想

団地妻ですよ。

僕の想像していた団地妻と全然違ってましたね。

 

めちゃくちゃいいいですよ。

団地妻の魅力に僕は気づいちゃいました。

 

綺麗な人なんですけど、

それ以上にフェロモンがエロいんですよ。

 

おっぱいもでかいんですけど、

身体もムチムチで熟女特有のエロさが際立っていました。

 

今回の話ではまだエッチなシーンは出てきませんでしたが、この先めちゃくちゃ期待できそうな予感です!

無料試し読みは↓ここをクリック!

>>『団地の管理人』で検索<<