ペーター・ミツル

【夕暮れの男子寮…ケダモノ男子達に脱がされて…】 第一話 無料 試し読み

ペーター・ミツル最新作

目覚めたら…挿入寸前。~肉食男子寮でうたた寝女子は嬲られる~

第一話を読んだので感想を書いていきたいと思います。

無料試し読みは↓ここをクリック!

>>『目が覚めたら挿入寸前』で検索<<

【夕暮れの男子寮…ケダモノ男子達に脱がされて…】 第一話 ネタバレ

あー

毎日、練習ばっかりでやる気出ないぜ。

 

そんなことを言いながら、

トイレに入ってくる男子ラガーマンたち。

 

私の存在は全く気にしていないみたいだ。

 

それもそのはず。

男性寮の掃除の仕事をしているのは、

普通おばちゃんばかりだ。

 

私はまだ10代だが、

いつも眼鏡にマスク姿。

 

こんな格好をしていたら、

若いのか歳がいってるのかわかるわけない。

 

こんな女っ気がなかったら、

体がおかしくなっちまうぜ。

 

見ろよ。

チンコが勃起しておしっこもできない。

 

こんなシーンも日常茶飯事で、

初めはびっくりしてた私も最近は慣れてきてしまった。

 

でもやっぱり

ベテランの掃除のおばちゃんたちが

注意してくれたことは当たってるかも。

 

ラガーマンはケダモノ男子だから

絶対に顔を見せたらダメよ。

 

そう言い聞かされていた。

 

もし、顔がバレてしまったら、

確実に襲われてしまうらしい。

 

あの立派なおちんちんを見てしまうと

本当にそうなりそうでちょっと怖い。

 

おばちゃんたちの助言はちゃんと聞いておこう。

 

ある日、

男子寮の部屋を掃除していると、

ラグビー雑誌が置いてあった。

 

実は私は元々ラグビーファンだ。

だから、この仕事をしているっていうこともある。

 

その雑誌を見ていたら、

ベットの上でうたた寝をしてしまっていた。

 

あれ?

ここ俺らの部屋だよな?

 

あの女は誰だ?

 

ラガーマンたちが練習から帰ってきてしまった。

そのことに全く気付かず、

全く起きない私。

 

おいおい

誰だよ。俺のベットで寝ているやつは。

しかも、可愛くないか??

 

そういって、私の周りに集まってくる男たち。

 

こんなところで寝ているってことは、

何されても文句ないってことだよな・・・

 

そういって私は彼らの手で・・・

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

>>『目が覚めたら挿入寸前』で検索<<

【夕暮れの男子寮…ケダモノ男子達に脱がされて…】 第一話 感想

屈強なラガーマンたちに

華奢な女の子が無理矢理ヤられてしまう。

 

そんなエロ漫画ですね。

 

でも、

ケダモノ男子たちが襲っちゃうっていうのもわかる気がします。

 

この彼女、めちゃくちゃ可愛いんですよ。

しかも、巨乳でエロい身体してます。

 

そんな子がベットの上で寝ていたら、

寝ているうちに悪戯しちゃいますよね。

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

>>『目が覚めたら挿入寸前』で検索<<